活動報告

令和3年度 出雲市優良工事等表彰式及び記念品贈呈式

出雲市では、工事等の品質及び建設技術の向上を目的として、他の模範となる優良な工事及び業務を実施した企業並びに現場代理人等が表彰されております。

今年も令和3年度出雲市優良工事等表彰式が、11月29日に出雲市役所(くにびき大ホール)において開催されました。

飯塚市長より施工者及び現場代理人へ表彰状が授与され、受賞者を代表して山陰建設工業株式会社 代表取締役 磯田真左一氏が謝辞を述べられました。

当協会からは来賓として福代明正会長、岩﨑和良副会長、栂野直宏副会長、福田弘道副会長、事務局長が出席し、来賓代表として福代会長が祝辞を述べました。

また、表彰式後に受賞された施工者(8会員企業)及び現場代理人(5名)へ当協会から記念品等の贈呈を行いました。
受賞された会員は次のとおりです。おめでとうございました。

1.土木工事部門
工事名 古志86号線外道路改良工事(4工区)
施工者 山陰建設工業・ナカサン 特定建設工事共同企業体 
代表者 山陰建設工業 (株)  代表取締役 磯田真左一 
構成員 (株) ナカサン    代表取締役 中筋雄三
現場代理人 山根広信

工事名 日御碕駐車場歩道スロープ整備工事
施工者 (株)もりやま   代表取締役 森山竜人
現場代理人 森山竜人

工事名 大津町中央橋付近配水本管および配水管布設替工事
施工者 (株)シンコー工業  代表取締役 永見泰幸
現場代理人 羽根田和平

工事名 古志86号線外法面工事(6工区)
施工者 (株)中筋組    代表取締役 中筋豊通
現場代理人 末次 徹

2.建築工事部門
工事名 新斐川学校給食センター建築工事
施工者 フクダ・西工務店・須田工務店 特定建設工事共同企業体
代表者 (株) フクダ   代表取締役 福田弘道
構成員 (有) 西工務店  代表取締役 西 研治
構成員 (有) 須田工務店 代表取締役 須田悟司
現場代理人 池淵 充

 

2021年12月08日

『出雲市議会と出雲市建設業協会との意見交換会』

出雲市議会と出雲市建設業協会との意見交換会を、11月19日(金)に出雲市役所議会委員会室で開催しました。
議会からは、萬代議長、板垣副議長をはじめ、建設農林水産委員会・環境経済委員会の正副委員長、そして、意見交換のテーマでもある建設事業予算の確保、入札・契約関係を所管する総務委員会の正副委員長にも出席いただき、協会からは、会長、副会長、理事、監事が出席し、意見交換を行いました。
関係の皆様には、お忙しい中、ご出席いただきありがとうございました。
先ず、「公共事業の事業量確保及び質の充実、入札制度の改正、災害時の緊急性に応じた対応等についての市長要望(10月11日提出)及びその回答(11月12日回答)」について、福代会長が概要を説明し、他の役員からは現状、課題等を詳細に説明しました。
ダンピング対策に向けた低入札価格調査制度の適切な活用や最低制限価格の設定、品確法に基づく予定価格の適正な設定、歩切りの根絶、働き方改革に向けた週休2日制の推進、そして、先の豪雨災害に係る災害復旧工事への対応等、活発な意見交換を行いました。
議会の皆様には、我々建設業界の現状をご理解いただくとともに、市執行部の意見も聞きながらしっかりと対応したいとの言葉をいただきました。
インフラ整備や災害復旧等において重要な役割を果たしている建設業ですが、若年者の入職者が減り、高齢化が進行し、持続的発展が危ぶまれている状況となっています。
この現状を打開し、担い手となる就業者にとって、魅力ある業種として地域社会に貢献していくためにも、引き続き、会員の皆様のご理解、ご協力をお願いします。

2021年12月06日

「出雲市監督員と現場代理人との意見交換会」開催

令和3年11月15日(月)
10:00~11:45 建築部門
13:00~15:00 土木部門
15:30~17:15 舗装部門

出雲市監督員と現場代理人との意見交換会を上記の日程で出雲建設会館において開催しました。

出雲市からは管財契約課はじめ、担当部署の監督員に参加を頂き、建築部門22名、土木部門29名、舗装部門20名で意見交換を行いました。

はじめに、協会が事前に提出した要望・質問事項に対する回答を出雲市担当者から説明いただきました。

続いて出雲市から協会に対しての要望・質問事項の説明もありました。

これらのことを中心に活発に意見が交わされ、有意義な意見交換となりました。

出雲市からの回答、出雲市からの要望・質問事項とこれに対する協会の対応等については、後日あらためて皆様にお知らせいたします。

お忙しい中ご出席して頂きました市関係者の皆様、協会関係者の皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

2021年12月06日

令和3年度 親睦ボウリング大会開催

去る11月12日(金)、出雲会館センターボウルにおいて、「親睦ボウリング大会」を開催しました。

昨年はコロナ禍で中止しましたが、全国的に緊急事態宣言も解除され、感染者も激減し安心感も広がる中マスク着用で開催しました。

福代会長の開会あいさつ、ルール説明の後、総勢67名の参加によりゲームがスタートしました。

豪快にピンをはじく音に加え、参加者の歓声・笑い声が会場に響き渡るなど、ゲームは終始和やかな雰囲気で進行しました。

コロナ禍で久しく聞くことがなかった盛り上がる声々から日頃のコロナストレスからの解放された姿を見ることができました。

また、今回も、ストライク又はスペアが出る度に賞品を獲得できる「ストライク・スペア賞」を設けたところ、終盤には用意していた賞品がなくなるほどの大盛況でした。

閉会式・表彰式では、浜村親睦・研修委員長から入賞者一人ひとりに賞品が手渡され、そして、最後には恒例のお楽しみ賞の抽選会が行われ、5名の方に賞品が手渡されました。

多くの皆様にご参加いただき、相互の親睦を深めるという目的を達成できましたことを心から感謝いたします。

皆様、ご協力ありがとうございました。

上位の結果は、下記のとおりです。

優 勝       加藤敬介さん ㈲山崎組    332点(2G総得点)

準優勝       原 裕介さん 山口建設㈱   314点

第3位       薩摩輝志さん ㈱シンコー工業 308点

女性ハイスコア―賞 永瀬麻由さん ㈱新宮組    293点


2021年11月16日

令和3年度(第1回)建設工事現場安全パトロール

向寒の候、寒暖の差が激しくなっていますが、会員各社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
さて、10月18日(月)に、出雲労働基準監督署 安全衛生課長 田淵和正様はじめ、出雲市 管財契約課 山﨑課長、綿貫係長にもご参加いただき、令和3年度第1回安全パトロールを6現場において2班体制で実施しました。


今回のパトロール対象現場は、6現場全てが7000万円以上の工事であり、小規模工事はありませんでした。

各現場とも書類整備や資材の整理整頓、作業状況も概ね良好であり、回を重ねるごとに、安全管理状況が充実してきていると思います。

特に安全書類については、各社でその様式や内容、そして整理方法などに工夫が見受けられました。

点検結果については、各現場ともコロナウィルス対策が整備されており、感染防止対策が徹底されていると感じました。

書類についてもきれいに整理されている現場ばかりでしたが、チェック漏れや作成されていない書類も僅かに見受けられました。

お忙しい中とは思いますが、今一度安全衛生管理状況の再確認をよろしくお願いいたします。

これから年末に向かって寒さが厳しくなり、天候不順な日が多くなります。また、国内でも新型コロナウィルス感染・インフルエンザ感染が懸念されます。

お身体にお気をつけいただき、無事故・無災害で皆様と共に年末をお迎えできますように心より祈念しております。

最後になりましたが、この度、安全パトロールへの対応にご協力いただきました現場の皆様に厚く御礼申し上げます。

安全委員長 荒川 定男

 

2021年10月22日

「市長要望」

 

令和3年10月11日(月)、福代会長及び4名の副会長で飯塚市長に対し、①公共工事の事業量確保及び質の充実等、②入札制度の改正、③災害時の緊急性に応じた対応等、について要望を行いました。
我々建設事業者が、地域の社会資本整備・維持管理はもとより、災害時には地域の守り手として、また、雇用をはじめとする地域経済の下支え等の役割を果たしていくためには、安定的・持続的な事業量確保等が必要不可欠です。
そして、事業者が適正な利潤を確保するための適正な予定価格の設定、ダンピング対策の徹底や働き方改革の推進等を考慮した入札制度の改正についても切実な願いです。
また、先般の豪雨に伴う災害対応についても、応急対応をはじめ、これから本格化する災害復旧工事に対し、当協会としても全面的に協力する旨を伝えるとともに、円滑な工事進捗に向けて要望を行いました。

なお、飯塚市長からは、先の災害応急の際の協力に対する当協会への感謝にあわせ、今後の協力へのお願いがありました。
入札制度については、市の認識と協会の認識のずれがないように調整を図りながら、工事等がスムーズに行われるようにしていきたい旨の発言がありました。
市長要望の後、当協会土木委員長、建築委員長も加わり、市担当部課長とさらに具体的な項目について意見交換を行いました。

 

2021年10月18日

令和3年度 親睦ゴルフコンペ

10月5日(火)にいづも大社カントリークラブにて、令和3年度出雲市建設業協会親睦ゴルフコンペを開催しました。
本年度もコロナ禍での開催でしたが、全国的に緊急事態宣言等が解除直後の開催となり気分的にも開放感を感じる中、残暑の日差しの元27名の皆さんに参加いただきました。
開会式で福田副会長の挨拶では皆さんの健闘を祈るエールをいただきました。
なお、本年度も新型コロナウイルス感染予防のため、表彰式は行わず、プレイ終了後、流れ解散といたしましたが、秋晴れのもと、和気あいあいと楽しくプレイされ、会員間の親睦を図ることができました。
今後とも協会事業にご協力いただきますようよろしくお願いします。

上位入賞者は、下記のとおりです。おめでとうございます!

優 勝  金築孝佳さん ㈲スエヨシ建設
準優勝  山﨑育男さん ㈲山崎組
3 位  山﨑章弘さん ㈱山﨑組

2021年10月07日

令和3年度 安全研修会

令和3年度の安全研修会が、当協会と建設業労働災害防止協会島根県支部出雲分会との共催で、9月30日(木)午後13時30分から、ニューウエルシティー出雲において約100名の参加を得て開催されました。

第一部では、出雲労働基準監督署安全衛生課長 田淵和正様から「災害事例から考える 災害防止対策」と題してご講演いただきました。

最初に、最近の労働災害の発生状況、災害発生傾向等の説明をしていただき、出雲管内では、増加傾向になっているとのことでした。

次に脚立及び梯子等のチェックリストの紹介、最近の健康診断状況やコロナ対策について説明をいただきました。この内容が各社の安全活動の参考になればと思います。

第二部では、出雲市役所防災安全課主任 倉瀧一誠様から「出雲市の防災について」と題してご講演いただきました。

最初に7月の大雨被害について、鰐淵地区での川の増水状況の映像、国交省が作成した斐伊川の堤防決壊シュミレーションの映像を紹介されました。近年の気象状況の変化により、どこでも災害が起きる状況となっており、今まで以上に災害対策の意識向上をしなければならないと思います。

終わりに、この度の安全研修会が、会員皆様の安全意識の向上となることを願い、より良い職場環境となることを願っています。


安全委員会委員長 荒川定男

 

 

2021年10月04日

令和3年度 安全表彰受賞

令和3年度安全大会は中止といたしましたが、安全表彰は実施することとし
令和3年6月29日、受賞会員の方々を訪問し、表彰状と記念品を贈呈いたしました。

1.団体表彰

会社名:フクダ・西工務店・須田工務店特定建設工事共同企業体
代表者:㈱フクダ 代表取締役 福田弘道
構成員:㈲西工務店 代表取締役 西優治、㈲須田工務店 代表取締役 須田悟司
事業現場: 新斐川学校給食センター建築工事

会社名:㈱ヒロクニ建設
代表者:代表取締役 廣國勝
事業現場:斐川2459号線外1線道路改良工事

2.個人表彰

氏 名:池淵充
会社名: ㈱フクダ
事業現場: 新斐川学校給食センター建築工事

氏 名:原幸義
会社名:㈱ヒロクニ建設
事業現場:斐川2459号線外1線道路改良工事

 

安全スローガン

令和2年の出雲労働基準監督署管内における建設業の労働災害
発生状況は47件で、幸いにも死亡労働災害は発生していないが、
令和元年度と比較して6件増加した。
事故の型としては、転倒(9件)、墜落・転落(8件)、切れ・こすれ(6件)等となっている。
我々は、今後なお一層の安全衛生の水準向上を強力に推進させる必要がある。
そして、関係者全員が、「労働災害は絶対に起こさない。」という強い決意のもと、

1.「墜落・転落災害」 「建設機械・クレーン等災害」 「倒壊・崩壊災害」の三大災害の防止はもとより、転倒災害防止、高年齢労働者の安全と健康確保、熱中症予防対策の徹底

2.建設業の店社、現場におけるリスクアセスメント活動の推進

3.安全施工サイクル運動の推進

4.交通事故の防止

を重点目標として、安全意識の高揚と安全活動の定着達成を図り、労働災害の防止と根絶に向け全力で取り組むこととする。
加えて、職場における新型コロナウイルス感染症対策の徹底を図ることとする。

令和3年6月29日
一般社団法人 出雲市建設業協会

2021年06月30日

令和3年度『定時総会』開催

新型コロナウイルス感染症の影響で、令和2年度定時総会を取り止めとしたことにより2年振りとなった令和3年度の定時総会を4月27日(火)ラピタウェディングパレス「天雅の間」において会員60名の参加を得て開催しました。
冒頭、福代会長のあいさつの後、4月17日に就任されたばかりの飯塚俊之出雲市長にご祝辞をいただきました。
議事では、令和2年度事業報告並びに収支決算、令和3年度事業計画並びに収支予算等について、すべて原案どおり承認されました。会員の皆様には、お知らせにあわせお礼申し上げます。
令和3年度のスタートを切りましたが、今年度も新型コロナの状況を見ながらの協会運営となりそうです。会員の皆様には、くれぐれもご自愛いただき、協会へのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

2021年05月07日

令和2年度(第2回)建設工事現場安全パトロール実施

向春の候、先日の降雪もあり、寒暖の差が激しくなっていますが、会員各社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、2月4日(木)に、出雲労働基準監督署 小泉労働基準監督官様、出雲市役所 吉川主査様、綿貫係長様にもご参加いただき令和2年度第2回安全パトロールを7現場において2班体制で実施させていただきました。

今回は小規模工事がなく、2,000万円以上の工事現場が対象でした。

全般的に書類の整備や資材の整理整頓、作業状況も概ね良好であり、回を重ねるごとに、安全管理状況が充実してきていると思います。特に安全書類については、その様式や内容、そして整理方法などに工夫が見受けられました。

点検結果については、良好な点ではコロナ対策への取組・書類整理、KY記録の内容、注意喚起の安全掲示物の充実、施工範囲の明示や良好な安全衛生活動に取り組まれていることが確認できました。反面、残念ながら必要な書類が確認できなかったり、元請の内容確認の実施が不明なものがあったり、現場では分電盤の施錠がしてない箇所や敷鉄板の段差等の養生が必要と思われる事例などもありましたので、お忙しい中とは思いますが、年度末建設業労働災害防止強調月間を迎えて、今一度、安全衛生管理状況の再確認をよろしくお願いいたします。

まだまだ寒さが続いていますが、また、国内でも新型コロナウイルス感染が広がっていることもあり、お身体にお気をつけいただき、無事故・無災害で皆様と共に年度末をお迎えできますように心より祈念しております。また、当協会の各種安全活動を通じて、会員各社の皆様と共に出雲市内の建設業労働災害の防止に努めてまいりますので、今後とも御協力の程、よろしくお願いいたします。

最後になりますが、この度、安全パトロールへの対応に御協力いただきました現場の皆様に厚く御礼申し上げます。

安全委員長 荒川 定男


 


 

2021年02月09日

市議会と協会役員との意見交換会

『出雲市議会建設農林水産委員会・環境経済委員会と出雲市建設業協会役員との意見交換会』

◆ 市議会出席者:12名(議長、各委員会委員)
◆ 市協会出席者:13名(会長、副会長、理事、監事)

例年この時期に開催している市議会と協会役員との意見交換会を、川上議長をはじめ、建設農林水産委員会・環境経済委員会の委員の皆様に出席いただき、11月20日(金)に開催しました。
皆様には、お忙しい中、ご出席いただきありがとうございました。 
意見交換会では、先ず、「公共事業の事業量確保及び質の充実、入札制度の改正に係る市長要望(10月27日提出)及びその回答(11月7日回答)」について、福代会長が概要を説明し、議会の皆様には、我々建設業界の実情をご理解いただき、関係予算の確保や入札制度改善に向けた力強いご支援・ご協力の言葉をいただきました。
引き続き、協会で集約した「除雪対策」、「市内交通渋滞対策・安全対策」、「市有地等の有効活用」、「空き家対策」について意見交換を行いました。
議会としては、協会から様々な意見、提言をいただき、目指すべき課題も見えてきたので、引き続き精いっぱい努力したいとのことでした。
なお、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、島根県にならって、平成31・32年度出雲市建設工事等入札参加資格の有効期間が、令和4年3月31日まで延長されることとなり、入札制度の見直しについては、令和3年度において継続して検討されるとのことです。
就業者の高齢化が進む一方で、若年労働者の確保・育成が喫緊の課題となっている建設業が、より魅力ある業種として地域・社会に貢献していくためにも、市・議会・協会(建設業界)が思いをひとつにして、取り組んでいくことが必要です。
引き続き、会員の皆様のご理解、ご協力をお願いします。

 


 

2020年12月09日

「出雲市監督員と現場代理人との意見交換会」開催

令和2年11月16日(月)
10:00~11:45 建築部門
13:15~15:00 土木部門
15:15~17:00 舗装部門

出雲市監督員と現場代理人との意見交換会を上記の日程で出雲建設会館において開催しました。
出雲市からは山﨑管財契約課長はじめ、担当部署の監督員14名に参加を頂き、建築部門25名、土木部門27名、舗装部門24名で意見交換を行いました。
意見交換会は、はじめに事前提出した要望・質問事項について、市担当者より回答がありました。続いてグループに分かれ意見交換を行った後、各グループの意見交換内容について他のグループへ発表頂きました。
市監督員と現場代理人の間での意思疎通も図られ、双方にとって有意義な意見交換会となりました。
意見・要望事項の回答につきましては、後日あらためて会員事業所宛にお知らせいたします。
お忙しい中ご出席して頂きました市監督員の皆様、現場代理人の皆様ご協力ありがとうございました。

 

2020年11月16日

令和2年度(第1回)建設工事現場安全パトロール実施

令和2年度(第1回)建設工事現場安全パトロール実施

向寒の候、寒暖の差が激しくなっていますが、会員各社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、11月12日(木)に、出雲労働基準監督署 安全衛生課長 高橋寿匡様、出雲市役所 吉川主査様、綿貫係長様にもご参加いただき、令和2年度第1回安全パトロールを6現場において2班体制で実施させていただきました。

あいにく、工程の都合で作業がなかった現場もありましたが、全般的に書類の整備や資材の整理整頓、作業状況も概ね良好であり、回を重ねるごとに、安全管理状況が充実してきてると思います。特に安全書類については、その様式や内容、そして整理方法などに工夫が見受けられました。

点検結果については、良好な点ではKY記録の書式を各社で工夫されている事、小規模現場を含めて注意喚起の安全掲示物の充実、施工範囲の明示や危険箇所の明示等、良好な安全衛生活動に取り組まれていることが確認できました。
反面、残念ながら必要な書類が確認できなかったり、元請の内容確認の実施が不明なものがあったりしましたので、お忙しい中とは思いますが、今一度安全衛生管理状況の再確認をよろしくお願いいたします。

これから年末に向かって寒さが厳しくなり、天候不順な日が多くなります。また、国内でも新型コロナウィルス感染・インフルエンザ感染が懸念されます。お身体にお気をつけていただき、無事故・無災害で皆様と共に年末をお迎えできますように心より祈念しております。

最後になりましたが、この度、安全パトロールへの対応にご協力いただきました現場の皆様に厚く御礼申し上げます。

安全委員長  荒川 定男

 


 

2020年11月12日

令和元年度(第2回)建設工事現場安全パトロール実施

向春の候、先日の降雪もあり、寒暖の差が激しくなっていますが、会員各社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、2月13日(木)に、出雲労働基準監督署 田中労働基準監督官様、出雲市役所 吉川主査様、高橋係長様にもご参加いただき令和 元年度第2回安全パトロールを6現場において2班体制で実施させていただきました。

あいにく、工程の都合で作業がなかった現場もありましたが、全般的に書類の整備や資材の整理整頓、作業状況も概ね良好であり、回を重ねるごとに、安全管理状況が充実してきていると思います。

特に安全書類については、その様式や内容、そして整理方法などに工夫が見受けられました。

点検結果については、良好な点ではKY記録の内容、小規模現場を含めて注意喚起の安全掲示物の充実、施工範囲の明示や屋内作業場の照度など、良好な安全衛生活動に取り組まれていることが確認できました。反面、残念ながら必要な書類が確認できなかったり、元請の内容確認の実施が不明なものがあったり、現場では道路の清掃や段差等の養生が必要と思われる事例などもありましたので、お忙しい中とは思いますが、年度末建設業労働災害防止強調月間を迎えて、今一度、安全衛生管理状況の再確認をよろしくお願いいたします。

まだまだ寒さが続いていますが、また、国内でも新型コロナウイルス感染が広がっていることもあり、お身体にお気をつけいただき、無事故・無災害で皆様と共に年度末をお迎えできますように心より祈念しております。

また、当協会の各種安全活動を通じて、会員各社の皆様と共に出雲市内の建設業労働災害の防止に努めてまいりますので、今後とも御協力の程、よろしくお願いいたします。

最後になりますが、この度、安全パトロールへの対応に御協力いただきました現場の皆様に厚く御礼申し上げます。

安全委員長 矢野 学

2020年11月12日

「市長要望」

10月27日(火)当協会の福代会長をはじめ副会長4名計5名で長岡市長へ要望活動を行いました。
要望内容は、
(1)公共工事の事業量確保及び質の充実について
(2)入札制度の改正について
の2点について要望を行い、市長からは一定の理解を示していただきました。
また、出雲市の現状、今後についての意見交換も行いました。

 

2020年11月06日

令和2年度 安全研修会の開催

令和2年度の安全研修会が、当協会と建設業労働災害防止協会島根県支部出
雲分会との共催で、10月9日(金)午前9時30分から、ニューウエルシティー出雲
において約80名の参加を得て開催されました。
 第一部では、出雲労働基準監督署安全衛生課長 高橋寿匡様から「建設工事に
おける安全管理と最近の法改正」と題してご講演いただきました。
 最初に、最近の労働災害の発生状況、ご自身の特に印象に残っている労働災害
事故例について詳しく話していただきました。
 次に最近の法改正として、金属アーク溶接作業について「健康障害防止措置の義
務化について」と石綿対策の規制の強化について詳しく説明をいただきました。
 第二部では、出雲保健所環境衛生部衛生指導課薬剤主任 三輪紗映様から
「新型コロナウィルス感染症について」と題してご講演いただきました。
 最初に感染症について詳しく説明をいただきました。感染症という言葉は誰もが
聞いたことがありますが、感染経路・感染源・日本における感染症対策等説明して
いただき、今後の感染症対策について大変参考となりました。
 終わりに、この度の安全研修会が、会員皆様の安全意識の向上となることを願い、
より良い職場環境となることを願っています。
安全委員会
委員長  荒川 定男

2020年10月16日

令和2年度 親睦ゴルフコンペ

10月6日(火)に出雲空港カントリー倶楽部にて、令和2年度出雲市建設業協会親睦ゴルフコンペを開催しました。
本年度は晴天に恵まれて、絶好のゴルフ日和となり、昨年度より2名多い25名の皆さんに参加いただきました。

開会式では、福代会長から、「コロナ禍のなか、やっと協会としての行事が開催できましたことを喜んでいます。皆さんのご健闘を祈ります。」と激励をいただきました。
なお、本年度は新型コロナウイルス感染予防のため、表彰式は行わず、プレイ終了後、流れ解散といたしましたが、秋晴れのもと、和気あいあいと楽しくプレイされ、会員間の親睦を図ることができました。今後とも協会事業にご協力いただきますようよろしくお願いします。

上位入賞者は、下記のとおりです。おめでとうございます!

優 勝  伊藤俊郎さん ㈲森山組
準優勝  福田雄彦さん 山陰建設工業㈱
3 位  足立一生さん 中央建設㈱

2020年10月12日

令和2年度 出雲市優良工事等表彰式及び記念品贈呈式

出雲市では、工事等の品質及び建設技術の向上を目的として、他の模範となる優良な工事及び業務を実施した企業並びに現場代理人等が表彰されております。
 今年も令和2年度出雲市優良工事等表彰式が、8月24日に出雲市役所(くにびき大ホール)において開催されました。
 長岡市長より施工者及び現場代理人へ表彰状が授与され、受賞者を代表して出雲グリーン工業株式会社 代表取締役 黒目孝彦氏が謝辞を述べられました。
 当協会からは来賓として福代明正会長、岩﨑和良副会長、岩﨑哲也副会長、福田弘道副会長、事務局長が出席し、来賓代表として福代会長が祝辞を述べました。
また、表彰式後に受賞された施工者(6会員企業)及び現場代理人(6名)へ当協会から記念品等の贈呈を行いました。
受賞された会員は次のとおりです。おめでとうございました。

1.土木部門      
工事名 新斐川学校給食センター敷地造成工事
施工者 ㈱フクダ 代表取締役 福田弘道   現場代理人 俵 由治

工事名 高松301号線道路改良工事
施工者 ㈲一幸建設工業 代表取締役 柳楽邦雄   現場代理人 山根一也

工事名 高松319号線舗装改良工事
施工者 山陰建設工業㈱ 代表取締役 磯田真左一   現場代理人 福島啓二

2.建築部門

工事名 第三中学校既存校舎中棟・北棟大規模改造建築工事
施工者 出雲グリーン工業㈱ 代表取締役 黒目孝彦  現場代理人 藤江敦雄

工事名 JR荘原駅駅舎整備建築工事
施工者 ㈲山田工務店 代表取締役 山田豊  現場代理人 八澤淳一

⒊ 設備工事部門

工事名 令和元年度中筋小原マンホールポンプ設置工事
施工者 アクト㈱ 代表取締役 三加茂公之 現場代理人 藤江正毅

2020年09月08日

令和2年新年互礼会

令和2年1月6日(月)、8時30分より出雲市役所 くにびき大ホールにおいて、当協会員60名参加のもと、出雲市建設業協会 令和2年 新年互礼会を開催いたしました。


初めに、今岡会長が新年のご挨拶を申し上げ、引き続き、来賓として出席頂きました長岡出雲市長に、市政の状況等も交えご挨拶を頂きました。

また、安井財政部長、小村管財契約課長、吉川主査、高橋係長にもご出席を頂きました。

皆様、年初のお忙しい中、ご参加頂き誠にありがとうございました。

2020年01月06日